×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

宅建試験 確実 合格

慣れ親しんだ勉強法と決別しよう!

宅地建物取引主任者試験は法律系の国家資格のなかで登竜門と云われてはいますが、
合格率は例年15%前後となっています。
決して簡単な試験とは言い切れないでしょう。

 

特に法律系の国家試験を初めて受験する方であれば、小さい頃から慣れ親しんだ教科書を中心とした勉強法を自然と選択するのではないでしょうか?

 

宅建試験

多くの宅建受験生はこの学習スタイルが当たり前だと思っていますから、
ここに大きな分岐点があるとは思ってもいないでしょう。

 

しかし、
「テキスト中心学習」は、知識を積み上げていく勉強方法であるがゆえに、

 

競争試験であり、尚且つ満点を必要としない国家試験には不向きな勉強方法なのです。

 

 

それでも、テキスト中心の勉強をする受験生は、割合からすれば圧倒的多数です。

 

それは、テキスト中心の勉強でも、相当の努力と時間をかければ合格が可能だからです!

 

合格体験記を読んでも、合格者の多くはテキスト中心の勉強で合格された方の体験記なので、その勉強法が正解であると無意識のうちに信じ込まされているのです。

 

勉強時間がなかなか作れない受験生には不向きであるのにもかかわらず、いわば、力技の勉強法でも合格できてしまうがために、効率よく短期間で合格するという本質を見失ってしまうのです。

 

では、何が効率良い勉強法かといえば、結論からいくと、

 

問題演習を中心とした勉強法が国家試験においては最も効率的で確実な勉強法
です。

効率よく確実に宅建試験に合格したい!では、どうすれば?

残念ながら、多くの資格予備校では、
テキストを理解し知識を詰め込む勉強法が主流です。

 

宅建試験

学校を卒業してから何年も経ち、勉強の習慣もできていない社会人がいきなり取り組めば、途中で挫折する確率がとても高い勉強法になっているのです。

 

そこで、問題演習を中心とした勉強法が国家試験の勉強法として効率的なわけですが、

 

これはテキストの学習と問題演習を同時に並行するという勉強とも違います。
 
 
問題演習自体をテキスト学習の代わりとするということです。

 

テキストの位置付けはといえば、参考書とか辞書といったらわかりやすいでしょう。

 

このやり方であれば、

 

「ただテキストを読むより、試験に出る重要事項を早く理解し記憶すること」
ができます。

口コミや評判のよい宅建講座とは?

宅建受験が初めての方や出題科目の知識がゼロの初学者の方の場合は特に、勉強方法としては独学よりも通信教育が望ましいと思います。

 

通学という手段もありますが通信講座でも十分合格の力は付きます。

 

通信講座で宅建試験に臨む受験生の数は伸びていますが、

 

その理由としては、

 

  • 受講料が通学講座よりも安い
  • 学校に通う交通費なども不要
  • 時間的・場所的制約がない
  • 通学講座と異なり、いつでも、どこでも、自分のペースで学習できる

という点があります。

宅建試験

 

また、通学講座の場合、講座によって講師の当りはずれがありますが、通信講座の場合、最も実力のある講師が担当するので、はずれが少ないのです。

 

独学の場合、教材選び、質問解消、情報収集を自分でやらなければなりません。

 

勉強する教材として、通信講座は効率的なものですが、すべての通信講座が全ての受験生に向いているということも勿論ありません。

 

 

高額な講座がすぐれているということもありません。 

 

いかに勉強を継続させ、最短で効率よく確実に合格させることができるかということが、受験生にとって最も大切なことであり、真剣にこの課題に取り組んでいる通信講座こそが優れた通信講座といえるでしょう。

 

おススメの通信講座はこちら:宅建通信講座と勉強法を徹底比較!人気ランキング


このページの先頭へ戻る